飛ばしに必要なタメを作る方法②

飛ばしに必要なタメを作る方法 タメって何だろう

 ~その2~

タメを作る練習方法

スポンサーリンク

「その1」では、

タメが如何にゴルフボールを飛ばす為に必要なのか?

そして、

自分にはタメが有るのか無いのか?

のチェック方法を書きました。

そして、その2では、

タメを作るための練習方法を教えます。

結論から言うと、

イチローの一本足打法が一番いい!

タメを作るには

上半身と下半身の時間差が必要になります。

ゴルフクラブを振り始めて、

下ろし始める切り返しで一瞬、

ゴルフクラブのヘッドがトップの位置に残る感覚。

その練習方法は、

イチロー選手や王貞治選手

の1本足打法が有効

そもそも、

「タメ」を作れない人は、

振り上げて振り下ろす際の切り返しで

下半身と上半身が同時に動いているのが原因。

下半身が先に動き始めても、

上半身やゴルフクラブのヘッドは、

またトップの位置にいるという時間差が

「タメ」を作る最大のポイント

では、

具体的なゴルフ版イチローの一本足打法の方法

①普通に打つスタンスから、

振り上げる時のバックスイングでは、

右足一本に全体重を乗せる。

必然的に左足は右足に寄り添って浮いている、

一本足状態で、

イチローがバッターボックスに立っている状態。

スポンサーリンク

②トップスイングまで上げたら、

次の始動は、

左足を元にあったスタンス位置まで踏み出して、

ダウンスイングを始める。

ここで、注意点が有ります。

決して、状態が突っ込まない事

「突っ込む」とは上半身が前のめり、

ボールに近ずく事なく同じ目線で振り抜く事が大事。

練習場では、少し高めのティに設定して、

この繰り返し、

野球のティバッティングの感覚で

ハーフスイングをする感覚&反復練習をやってみると、

タメが作れるのか意味が自然に体感できます。

飛距離が欲しい、

飛ばなくなった、

もっとボールを遠くに飛ばしたいという

ゴルファーに是非やって見て欲しい練習方法です。

スポンサーリンク エンド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする