ピン PING Gドライバー 新旧比較 試打評価感想

自分に合うゴルフクラブを使うのは、ゴルフ上達への第一歩

~良いクラブは、良いスイングに導く~

今回は、

宮里優作プロ

永野竜太郎プロ

C・キム(キム チャン)プロ

などなどの、飛ばし屋が使うドライバー、

ピン PING Gドライバー

スポンサーリンク

飛距離計測器:スカイトラックを使い、

旧モデル ピン PING G30 と比較してみました。

ピン PING Gドライバーは、2016年3月に発売されており

今更?評価するの?と感じられる方が多いかと思いますが、

なんと言っても宮里優作プロの2週連続優勝に

大きく貢献したドライバーです。

また、女子の大山志保プロが2017年からヤマハの契約になったにも関わらず、

以前のドライバーである、ピン PING Gドライバーを使い続けていた事も気になって

試打をしてみました。

結果は、びっくりの今年最長飛距離

を計測しました!

ピン PING Gドライバーのスカイトラック結果

飛距離:246.7ヤード(2017年最長飛距離)

キャリー:229.7ヤード

ボールスピード:64.3 メートル/秒

打出し角度:11.8度

バックスピン:3,790 回転数/分

→バックスピン量が多いが、ボールスピードは異常に早い!

ちなみに、旧モデルである、

ピン PING G30ドライバーのスカイトラック結果は、

飛距離:237.4ヤード

キャリー:219.6ヤード

ボールスピード:62.1ヤード

打出し角度:10.9度

ヘッドスピード:42.8 メートル/秒

バックスピン:2,852 回転数/分

と言う事で、旧モデルであるピンPING G30も決して悪い結果ではないのですが、

ピン PING Gドライバー の飛距離はビックリしました。

実際の打感についても、高反発?と思うかのような音と

打感がするくらいインパクトがあります。

また、高さも高く、そのままズドンと落ちずに飛んでいく感じがします。

打った直ぐに「お!飛んだ」と分かる感覚です。

これは直ぐにでも使いたい!と思うのですが、

ただ、一点!馴れないといけないものがあります。

それは、「顔」です

非常に大きくて構えやすい顔ではあるのですが、

ヘッドのクラウン(上部)部分に気流が良くなる?工夫がされており、

ヘッドの形も他にはない形をしています。

キャロウェイ XR(2016)に非常に似てる。

ただ、左への引っ掛けは無いと顔をしているので、

引っ掛けを出したく無い人には良いかもしれません。

実は、宮里優作プロは引っ掛けを嫌う選手なので、

このGドライバーを使っている理由は、このあたりにあるのかもしれませんね

スポンサーリンク エンド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする