レーザー距離測定機 ニコンとブシュネル どちらを選ぶか?

今回は、ニコンとブシュネルのゴルフ距離測定機を比較します。

スポンサーリンク

ニコンとブシュネルを語る前に、距離測定機の全般的なお話。

現在、ゴルフ場にて距離を測定するには2種類の機械があります。

それは、

・GPS測定機

・レーザー測定機

の2機種です。

GPSは、車にも搭載されているナビと同じく、衛星のGPS機能を使った距離測定機です。

レーザーは、対象物にレーザーを実際に当ててその跳ね返りで距離を測定する機械です。

GPSもレーザーもどちらも一長一短がありますが、

GPS測定機を使っているプロゴルファーは、見たことがありません。

GPSは、バッテリー(電池)の持ちが問題かもしれませんね。

ただし、アマチュアにはGPS測定機の良さもありますので、

それは後ほど記事としてあげます。

今回、比較したモデルとしては、

・ニコン クールショット 80i VR 売価:45,000円

・ブシュネル ピンシーカーツアーXジョルト 売価:64,000円

上田桃子とリッキー・ファウラーの比較・・・。

ではなくて、レーザー距離測定機の人気メーカー2つ

共に価格はドライバー1本を買うのと同じくらい。

やはり、失敗はしたくないので。

結論から言います。

使いやすさは、ブシュネルがニコンよりも良い。

値段が高いので当たり前ではありますが、拘りを持つ方は是非とも、

ブシュネルを勧めたい。

スポンサーリンク

理由は

1 ピンに当たりやすい

2 ピンに当たった時に震えるのでわかり易い

3 持ち易い

4 ケースがカッコいい

と言ったところが理由です。

まず、1のピンに当たり易いと言うのは、

レーザー測定機では一番重要なこと。

レーザーを対象物、例えばピンに当てない限り、

距離は測定できません。

なので、いかにピンに当て易いか?

が非常に大事になってくるのですが、

このブシュネル ピンシーカー ツアーXジョルトは、

ピンに当たり易い。

ニコン クールショット 80i VR は、

カメラでも使われている手ブレ機能がありますので、

片手でもピンに当たる。

と言うのが、売り文句!なんですが、

確かに片手でも当たるんですが、

ピンに当たってもファインダー内の情報をズッと

見る必要がありますので、どうしても左手で震える手を止めることが必要です。

なので結局は、両手を使うことになります。

また、ピンに当たった時、

ブシュネル ピンシーカーツアーXジョルトは

ジョルト機能と言って、震えます。ブルルッと。

対象に、ニコンはピンに当たると、

↑のイメージから、

↑のように、黒丸が出ます。

なので、ピンに当たるのが分かりはするんですが、

震えるほどのインパクトはありません。

また、「3持ちやすさ」については、

大きさを見ても分かりますが、

手のひらに沿って形状が作られているので、

ホールドし易いんです。

少し大きい感じはしますが、これ良いんです。

また、ケースについてもとてもカッコいいので、

ブシュネルを使って見て欲しいです。

スポンサーリンク エンド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする