ゴルフ上達の第一歩 ドライバーの飛距離を伸ばす事

ゴルフにおいて、飛距離は最大のアドバンテージだ。

確か、ジャンボ尾崎の言葉だったと思いますが、

今となっては確認できないくらい、誰もが同じような事を言ってます。

スポンサーリンク

350ヤードのミドルホール

Aさんの場合 ドライバーが、250ヤード飛んで 残り100ヤード
Bさんの場合 ドライバーが、300ヤード飛んで 残り50ヤード

一般的には、明らかにBさんが有利です。

バーディーが取れる可能性さえあります。

では、ドライバーの50ヤードの差って何故発生するのか?

体格や筋肉の問題だと諦めてませんか?

実は、諦めている方でも飛距離を伸ばせる可能性があります。

このブログで何度も伝えていますが、ボールの飛距離は、

飛距離 =ボール初速 ✖️ 打ち出し角度 ✖️ スピン量

ですが、この中でもボール初速が車で言うとエンジン部分になって

とても大事なんです。

では、ボール初速を上げるにはどうしたらいいのか?

2つあります!

1 ヘッドの芯に当てる

2 ヘッドスピードを上げる 

1の芯で当てることは、

技術力=相当量の練習量

が必要ですが、

ヘッドスピードを上げることは簡単にできます。

腰を早く回すんです。。。

バカにしてるのか?

と思われるかもしれませんが、

ウデでもなく、クラブでもなく、

コシを早く回すのです。

飛ばないゴルファーの典型は、

腰の回転力・スピード不足なんです。

腰の回転スピードが遅いから、ヘッドスピードが遅いんです。

スポンサーリンク

クラブを振り上げたら、おヘソを左に回す。

次に言われることは、

そんなに早く回したら

  当たらない、何処に行くかわからない

その意識がある方は、無意識にブレーキを掛けている

方だと思いますし、それが正常だと思います。

ただ、ここを乗り越えないと飛ばせません!

本気で飛ばしたいと思っている方は、

まずは、

何処に行っても良いから腰・骨盤を早く回転させる。

それが身についたら、幾らでも方向性を修正する事はできます。

まずは、飛ばす能力を身につけて、方向性の上げていきましょう。

また、骨盤を早く回すとヘッドスピードも上がりますので、

今までのクラブでは合わなくなると思います。

そして、ミスの傾向も把握できるようになると思いますので、

それに合わせたクラブ選びをしてほしと思います。

スポンサーリンク エンド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする