全米オープンゴルフ 2017年 エリンヒルズはどんなコース?

6月15日から開催されます、

全米オープンゴルフ選手権

2017年はウィスコンシン州 エリンヒルズで開催されます。

スポンサーリンク

ウィスコンシン州と言われても、あまり馴染みのない場所ですが、

シカゴから北に車で約3時間のところにあり、

エリンヒルズでは、初の開催となります。

全米オープンは、すべてのゴルフトーナメント中でも、

一番の高額な賞金が設定されており、

2017年の賞金総額は、

1200万ドル=13億8000万(115円換算)

優勝賞金は、

216万ドル=2億4840万(115円換算)

これは過去最高金額です。

ちなみに、四月に開催されたマスターズの優勝賞金は、

180万ドルです。

賞金もすごい、全米オープンゴルフですが、

なんと行っても開催されるゴルフ場がすごい!

今年は、初開催の

Erinhills エリンヒルズ

このコースは、名誉ある初開催のコースです。

しかも2006年にオープンしたばっかり。

そして、パブリックのコース!!

全米オープンゴルフを開催したパブリックコースと言えば、

ニューヨーク州

Bethpage ベスページ

カリフォルニア州

Torrey Pines トーリパインズ

ワシントン州

Chambers Bay チェンバースベイ

などが有名なコースです。

スポンサーリンク

2015年開催のチェンバースベイは、

ジョーダン・スピースが様々な記録を打ち立てて優勝しました。

彼自身も他の多くのプロゴルファーからも

コース&セッティングに対して批判があり、

後味の悪い全米オープンとなってしまいました。

今回のエリンヒルズも、同様の匂いがするのは私だけでしょうか?

エリンヒルズには木が6本しかなく、

ボールが風の影響をもろに受けます。

チェンバースベイ同様にイングランドのリンクスコースで

フェアウェイはデコボコでポテトチップスのようにうねってて、

カチコチのリンクス仕様になっているようです。

我慢大会になる事は間違いなさそうです。

全長は過去、最高ロングコースの

7,693ヤード、パー72(パー72の設定は、25年振り)

しかも、このエリンヒルズは、ティグランドを様々な場所に移すことができるようで、

4日間全部違う所から打っている可能性があるようです。

毎日、テレビの見がいがありますね!

ちなみに、テレビ放送は、

テレビ朝日

6月16日(金曜)2:36〜4:55
6月17日(土曜)5:00〜8:00
6月18日(日曜)4:00〜9:00
6月19日(月曜)2:40〜5:50

↑No.18セカンド地点

開場は、2006年なので、多くのプレヤーは未経験のまま、

このコースに挑戦することになると思います。

また、全米オープンゴルフは、他のメジャートーナメントよりも

はるかに難しいコース&セッティングになることで有名です。

その証拠に、

全米オープン優勝者の平均スコアは、

3アンダーです。

他のメジャートーナメントの平均優勝スコアは、

マスターズ:11アンダー

全英オープン:9アンダー

全米プロ:11アンダー

ということで、全米オープンはメジャーの中でも、

一番難しいトーナメントとしてプロの中でも認識されています。

私の優勝予測としては、

ローリー・マキロイ

リッキー・ファウラー

ダスティン・ジョンソン

パトリック・リード

などは有望株だと思います。

もちろん、我らが

松山英樹にも期待したい所です。

スポンサーリンク エンド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする