フェアウェイウッド 2017年人気モデルを打ち比べ 試打評価 キャロウェイエピックすごい!

自分に合うゴルフクラブを使うのは、ゴルフ上達への第一歩

~良いクラブは、良いスイングに導く~

前回の記事では、2017年はドライバーの当たり年とお伝えしましたが、皆さんはドライバーに合わせて、フェアウェイウッドの購入は考えていませんか?

今回は人気のフェアウェイウッドを、GC4を使って打ち比べ評価しました。

スポンサーリンク

多くのゴルファーは、ドライバーの購入までは慎重ですが、フェアウェイウッドの購入はそれほど意識がまわっていない。

ドライバーは最新なのにフェアウェイは5年以上買い換えてない・・・こんな人を多く見ます。

がしかし!!

実は、ドライバーよりもフェアウェイの進化が遥かに大きいんです。進化しているということは、アマチュアゴルファーには恩恵が大きいということなんです。

どうせフェアウェイは打てない、チョロばっかり、、フェアウェイが飾りになっている人が本当に多い。そんな、あなたに、2017年人気のドライバーに合わせて、フェアウェイウッドも検討して欲しいと思い、人気のクラブを打ち比べしました。

試打をしたクラブ(全て2017年モデル)はこちら

・キャロウェイ GBB エピック
・テーラーメイド M1
・テーラーメイド M2
・ピン G

今回、試打を評価した機械は、こちら、Foresight のGC4

前回お伝えした、計測器の記事はレーダー追尾型がオススメとお伝えしましたが、

室内計測では、このGC4が現在のところ一番優れた計測器だと判断できます。

結果は、こちら

・キャロウェイ GBB エピック 

飛距離:247ヤード
キャリー:226ヤード

スポンサーリンク

・テーラーメイド M1(2017)

飛距離:236ヤード
キャリー:219ヤード

・テーラーメイド M2(2017)

飛距離:245ヤード
キャリー:225ヤード

・ピン G

飛距離:222ヤード
キャリー:205ヤード

すごい結果が出てまして、打った私もビックリなんです。

このブログを読まれている方は、わかると思いますが私のドライバー飛距離は240ヤードも出れば飛んでいます。平均すると220ヤードくらいだと思いますが、それが3Wでも250ヤードを超えてます。

ドライバーよりもフェアウェイの進化が大きいという事が、この結果を見て理解いただけると思います。

それにしても、

キャロウェイ GBBエピック
テーラーメイド M2(2017)

は飛ぶ!!

女子ツアーでは、エピックの使用率が高く、

男子ツアーでは、M2の使用率が高い理由がわかりました。

3Wで250ヤード飛ぶなんて、ドライバーの必要がない。

キャロウェイ GBBエピックとテーラーメイド M2(2017)

はどちらも飛んだのですが、

フェアウェイがもともと苦手な人は、キャロウェイGBBエピックを第一候補にして欲しいです。

構えた感じがシャローフェースでヘッドの形状も構えやすく、球を拾いやすいです。

ただ、私としては左に引っ掛ける傾向があるので、M2をチョイスします。

M2に向いている人は、フェアウェイに苦手感がないゴルファーにオススメです。

また、M1については、ヘッドが小さくてアマチュアゴルファーには向かないと思いますし、

ピン G に至っては、特徴的なヘッド形状をしています。極端にフェアウェイが苦手な人は試してみるのも良いかもしれません。フェアウェイのチョロ率が高いゴルファーには、とにかく球を拾ってくれるヘッド形状をしています。

キャロウェイ GBB エピック在庫(ゴルフパートナー)(7月時点 26000円〜) 

テーラーメイド M2(2017)(ゴルフパートナー在庫)(7月時点 24000円〜)


スポンサーリンク エンド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする