「飛ばし」に必要なアドレスは2つだけ 蹲踞の構えを試してみて

飛ばすためのアドレス

結論から言うと、

アドレス時から重心を低くして

コックを使えるようにハンドダウンに構える

スポンサーリンク

身体が硬くなってきたなぁー、

年々感じてきてるゴルファーは多いと思います。

そんなゴルファーが悩み出すのが、飛距離の低下。

身体の硬さと飛距離の相関関係は、

なんとも言えないですが、

柔らかい方が有利なのは間違いないと思います。

ただ、今さら身体を柔らかくしましょう!

柔軟をしっかり・・・なんて、

なかなかできる事では無いと、思います。

もちろん、柔軟体操は大事です!

そんな方にオススメなのが、このアドレス方法。

1 重心を低く

2 コックをが使えるように、ハンドダウン

まずは、重心を低くする事から。

ゴルフのスイングでは、

上半身と下半身の捻転差を作る為に

ゴルフクラブを持って体を捻じって振りきります。

振った時にどれだけ、

身体に捻転差(力)が溜め込まれているか?

その差が飛びの大きな要因になります。

ただし、

捻転差を作っていると身体は苦しくなるので

上半身の状態が起き上がってしまいます。

起き上がってしまっては、

せっかくの捻転が台無しになっていまいます。

それを防ぐ事が必要が有ります。

その為に、

必要なアドレスが低重心アドレスです。

低重心アドレスとは、簡単に表現すると、

相撲のシコを踏んで打ってみて見てください。

膝に手を置いて太もも辺りに自重を感じて

二、三度シコを踏む。

さすがに、

そのままではスイング出来ないと思いますがが、

練習場などでは、

低重心を感じる一番の練習方法です。

スポンサーリンク

つぎに、

コックを使うための

ハンドダウンアドレスについて

ハンドダウンとは、日本語に訳すと、

「手元を落とす」ですが、

アドレスした時に手元の位置を膝に近い所に

意識して落として見てください。

なかなか、出来ないという方には、

ゴルフクラブを剣道の竹刀に見立てて、

蹲踞(ソンキョ)の構え

をしてみてください。

ソンキョは低重心になるので一石二鳥!

そこから立ち上がり、

クラブヘッドからではなく、

手首から下してみると、

何もしなくてもコックが出来ていると思います。

そうする事で、手首にコックがうまれて、

腕がムチのようにしなる役割を果たします。

日本人は手首があまり強い方では無いと思います。

アメリカUSPGA選手のスイングを見ていると、

そんなにコックを使わなくても飛ぶ選手は居ますが、

日本人には不可能だとおもいます。

低重心&ハンドダウンアドレスを試すには、

柔道&剣道の蹲踞(ソンキョ)の構えを試して

スポンサーリンク エンド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする