ヤマハ インプレス UD+2アイアン 試打評価感想

自分に合うゴルフクラブを使うのは、ゴルフ上達への第一歩

~良いゴルフクラブは、良いゴルフスイングに導く~

ud2

今回は、今話題のぶっ飛びアイアン・・・

ヤマハ インプレス UD+2 を打ってみました。

スポンサーリンク

結論から言います!

間違いなく2番手は飛んでる~

最近、これら「ぶっ飛び」アイアンはカテゴリーとした成り立つほど、各メーカーから発売されているが、この ヤマハ インプレス UD+2 は前作 ヤマハ RMXインプレス UD+2は2014年に発売され、飛ぶアイアンの代名詞となった先駆者的なモデルの後継クラブ

ぶっ飛びアイアンでヤマハと比較されるのは、

ブリヂストン JGR ハイブリッド フォージドアイアン(5番 22度)

jgr-hybrid

ですが、今回のヤマハは更に進化していると聞いている!

それりゃ、ロフトが立っているんだもん、飛ぶよ・・・。

と思っていた私だが、やっぱりアイアンでも「飛び」があるのは嬉しい!

ちなみに、ヤマハ UD+2アイアン のロフトは、

5番アイアン 22度、6番アイアン 24度、7番アイアン 26度

と私が普段使っているクラブは、

5番アイアン 25度、6番アイアン 28度、7番アイアン 32度

となっており、ヤマハが2番手ほどロフトは立っていることになる。

ちなみに、一番売れているアイアン、

ゼクシオ(2016年モデル)5番アイアン 24度 6番アイアン 27度 7番アイアン 30度

なので数値的にはゼクシオよりも「飛ぶ」のは間違いない

試打結果は、こちら

ud2-result

普段使っているアイアンの結果は、こちら

ne5i-result

なので、13ヤード飛んでいる・・・すごい。

飛び方もアイアンの高さではなく、ウッドのような高さで飛んでいっている。

すこし軽いのですっぽ抜けた感は否めないが、それにしても飛ぶ・・打感もすごく良い。

疑問にもっていた

ロフトが上がると、打ちにくくなって、球が上がらないんじゃないか?

yamahaud2

と思っていたのですが、抜けの良さと、幅が広いソールで重心も深くなっているのか、高さも出ていて、これならグリーン上にも止まる高さであることは間違いない。

飛距離に悩みだした方は是非とも使ってみて欲しいアイアンだ~

スポンサーリンク エンド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする