ネクスジェン6 フェアウェイウッド トラックマン試打結果 テーラーメイドM2(2017)と比較

自分に合うゴルフクラブを使うのは、ゴルフ上達への第一歩

~良いクラブは、良いスイングに導く~

今回は、このブログでも大反響の

ネクスジェン6 フェアウェイウッド

をトラックマンを使って試打しました。

スポンサーリンク

実は、今年様々なドライバーを試打をしておりますが、

ネクスジェン6(トータル飛距離:260.7ヤード)が一番飛んでいます。

また、このブログでもネクスジェン6の評価記事(こちら)

が一番人気なんです。

私がこのブログで使う計測器は、トラックマン&スカイトラックなんですが、ご存知の通りトラックマンの計測がスカイトラックに比べると非常に正確な測定ができるのですが、ネクスジェン6の記録は、トラックマンの結果なんです。

ということで、今回はネクスジェンのフェアウェイウッドはどうなの?

ということで、今回もトラックマンを使って試打をしました。

また、比較として、2017年大人気フェアウェイウッドの、

テーラーメイド M2(2017)

と比較しました。

結果は、こちら

ネクスジェン6 フェアウェイ
ロフト:15度
シャフト:Rシャフト
トータル飛距離:220.8ヤード

キャリー:201.5ヤード
スピン:5,677rpm

テーラーメイド M2(2017)フェアウェイ
ロフト:15度
シャフト:Rシャフト
トータル飛距離:230.9ヤード

キャリー:205.8ヤード
スピン:4,589rpm
スポンサーリンク
ということで、トータル飛距離は、テーラーメイド M2が約10ヤード飛んだ結果でした。
がしかし、トラックマンの結果に注目して欲しいのは、
Carry キャリー
ネクスジェン6:202.5ヤード
M2(2017):205.8ヤード
キャリーがほぼ変わらないということは、
テーラーメイド M2(2017)は、ランが出るということ。
理由は、M2がスピン量:1,000rpm以上少ないことに起因していると思います。
ただ、今回の結果は、共に一番当たった結果を載せているんですが、
M2は、ミスも多く、打感が独特な音をしています。
M2のスピンが少ないということは、相変わらずテーラーメイドはヘッドの重心位置が
前重心になっていると思います。
テーラーメイドは、RBZ(ロケットボールズ)から前重心のヘッドがスタートしましたが、この前重心ヘッドは、ヘッドスピード、44m/s以上ないと打てない。
ただ、芯に当たった時は、本当に飛びます。
それに引き換え、ネクスジェン6は打ちやすい。
また、打感、そしてボールを拾ってくれる感じがしてミスが少ない。
というか、ほとんどミスが出ない。
構えた感じも打ちやすそうな顔をしています。
↑左側写真:フェース面が大きく見えるような工夫がされており、それが効いてる。
ということで、フェアウェイが当たらない、あまり自信がない方には、
ネクスジェン6はオススメです。
また、ヘッドスピードが44m/s 以上ある方には、テーラーメイド M2は、めちゃめちゃオススメできます。フェアウェイで230ヤード飛ぶんなら、ドライバーは必要ないですよね
↓新品は欠品してて、1ヶ月以上の待ちが続いているようですが、中古は在庫があります。
 
スポンサーリンク エンド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする