キャロウェイ エピックスター 話題クラブの試打評価感想 

今回は、2017年モデルの中でも大注目のクラブ、

Callaway GBB EPIC ★STAR★ キャロウェイ グレートビックバーサ エピック スター

の試打感想をお届けします。

このクラブは、2つの事で評判になっています。

1 松山英樹プロが突如として使い出し、

・日本オープン

・HSBC

・VISA太平洋

・ヒーロー・ワールドチャレンジ

・フェニックスオープンの5勝に導いている、

グレートビックバーサの後継モデル

2 ヘッド内に今までにない2つのバー(ジェイルブレイク)があり、

その内部構造のティザー広告が目を引いている

私個人的な話をすると、

この2つのバーは「技術的」、「ルール的」にすごい!

まずは、技術的な話

ヘッドの製造方法に「鍛造」「鋳造」という

製造方法を聞いたことがあると思いますが、

「鋳造」技術がここまで進化しているのか?

と感心しました。

ちなみに、

鍛造・・・フォージドという表現もありますが、

チタンの板をプレスして貼り合わせる製法。

4ピース鍛造ヘッド、なんていうドライバーもありますね。

鋳造・・・型の中に、チタンを流し込んで作る製法。

多くのメーカーは、ここ最近は複雑なヘッド構造になっており、

「鋳造」製法になってきていますが、

鋳造製法にも「湯流れ」の限界がありました。

「湯流れ」とは少々専門的な言葉なのですが、

溶けたチタンが細くて小さい場所まで流れ込まずに

途中でチタンが止まったりして不良が多く発生し、

コスト高になるので細かい作りはできなかったんです。

ところが、この細いバーを後付けなしに

鋳造で作ったというのは金型のレベルが相当上がったのだと思います。

次に、ルール的な話

簡単にいうと、

COR値はルール違反だけど、CT値はルール適合なんです

ところで「COR値」と「CT値」という言葉をご存知でしょうか?

COR値は、「反発係数」というと言葉にすると

聞き慣れた方も多くいると思いますが、

ゴルフボールがヘッドに当たった時に

どれくらい反発するのか?という値です。

ヘッドにキャノンでボールを当てて図る方法(写真)で、

とても測定が大変で数値のブレも大きいんです。

ゴルフのルールを決めるR&A並びにUSGAは、

このCOR値(反発係数)が0.83を超えるヘッドは

ルール違反ということにしていましたが、

2004年にこの方法でなはく、

下記で説明する、CT値を取り入れました。

CT値は、COR値を図る簡易測定に使われていた

機械(ペンデュラム)から出る値で、

COR値:0.83=CT値:257μs と考えて、

ルール違反にならないようにメーカーはヘッドの

フェース面を企画していました。

ところが、先ほど述べたように2004年に

キャノンでの測定ではなく、ペンデュラムという↓の振り子

のような機械で測定する簡単な方法に変えたました。

少々、話が長くなってしまったんですが、

とにかく昔の測定方法では違反なくらい

このクラブは飛ぶっていうことなんです。

実際にボール初速をトラックマンで測ったんですが、

早い!

今まで打ったクラブの中でも一番早い結果が出ました。

ただ、ロフトが9.5度を使ったんですが、スピン量が多く、

トータル距離は今使っている、

テーラーメイドM2(2016)とほぼ変わらない。

スピン量が少ないボールに変えれば、

初速が速いだけに何かしら更に飛距離が出る可能性を感じたクラブでした。

実際のコースで使用してみます!!

スポンサーリンク エンド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする