アルバトロス ダブルイーグル イーグル ってなんだ??

ゴルフには、専門用語がつきもの!

初めて聞く、言葉が並んでいるんですが、その中でも

アルバトロス(ダブルイーグル)

スポンサーリンク

そして、

イーグル

バーディー

パー

ボギー

ダボ・ダブルパー

トリ・トリプルパー

なんていうのが、1ホールのスコアに使う言葉なんです。

ちなみに、

ショート ミドル ロング
Par 3 Par 4 Par5
アルバトロス 1 2
イーグル 1 2 3
バーディ 2 3 4
パー 3 4 5
ボギー 4 5 6
ダボ・ダブルパー 5 6 7
トリ・トリブルパー 6 7 8

ショートホールにてアルバトロス(ダブルイーグル)はありえなくて、

イーグル=1ということは、いわゆる、ホールインワンという事になります。

では、何で鳥の名前なんだろうか?

語源はどうやら、パーよりも1打少ないのを「バーディー」と呼ぶことから始まったようです。

バーディの語源は「flew like a bird」

あのことの真相が分かる本』によると,

バーディという用語は,1903年,A・H・スミスというプレーヤーが1打少なくホールアウトしたときに,「flew like a bird(鳥のごとく飛んだショット)」と叫んだのが始まりで,第一次世界大戦と第二次世界大戦の間にアメリカで一般化したらしい。

bird(バード)には,アメリカの俗語で「優れた」「素晴らしい」という意味があり、

それから言いやすいようにERがついて、バーディーになったようです。

それから、イーグルはスコア的にもバーディーよりも上なので、

アメリカの国鳥であるイーグルが選ばれたようです。

ちなみに、アメリカではアルバトロスではなく、ダブルイーグルというのが普通のようです。

また、簡単にホールインワンと言っても、その確率とは、

1/1万2000

ということは、1ラウンドに4ホールのショートホールがあるので、

3000ラウンドすると1回ホールインワン=イーグルするということですね。

ちなみに、アルバトロスは、英国式の呼び方のようです。

アルバトロスは、アホウドリ科の総称で、大型の海鳥

この鳥は、非常に高い飛翔力を持ち、長い船旅をするシンボル的な鳥で、

アルバトロスは、イーグルよりも遥かに難しく、

人並み外れた飛距離も必要だったことから、この名前がつけられたようです。

ちなみに、確率は100万〜200万ホールに1回の確率・・・・出ない。

アルバトロス(ダブルイーグル)とイーグルは是非とも取ってみたいスコアですね!



スポンサーリンク エンド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする