PALMBIRD パターグリップ 距離感で悩んでいる人、オススメ!

自分に合うゴルフクラブを使うのは、ゴルフ上達への第一歩

~良いゴルフクラブは、良いゴルフスイングに導く~

今回、お勧めする商品は、パターグリップ

その名も、

PALMBIRD パームバード パターグリップ

↑形を見ると、超楕円形なグリップ

「バックライン有り」のグリップが好きな私ですが、

ここまでバックライン的な形があるグリップは初めて見ました。

昨今、シャフトが変えれるドライバーが多いので、

バックライン「有り」のグリップではなく、

バックライン「無し」のグリップを使っていますが、

そんな私でもアイアンは絶対に、バックライン「有り」を使っています。

バックライン「有り」は、何が良いのか?

それは、ライン出し=方向性が構えた時に出しやすい事が、使用している利用です。

また、手が大きめのゴルファーなどは一度使って見て欲しいです。

そんな私が、この

PALMBIRDパームバード パターグリップ

に興味を持たないわけがない。

早速、サブパターの一つである

オデッセイ バーサ #7センターシャフト

につけて見たところ。

すごい!!

なんだろ、これ。

ヘッドを真っ直ぐ引ける感じもするけど、

何と言っても、

距離感が出しやすい

みなさん、パターの距離感ってどうやってますか?

私も初心者の方に、よく聞かれる質問なんです。

まずは、パターを時計の時刻に合わせて振り子のように降って、

8時までヘッドを上げた時の距離感を覚えて・・・なんて聞いた事ありませんか?

でも、みなさん、よく考えて見てください。

野球ボールやモノを人に向かって投げる時、距離感って教えてもらわなくても

目で見ればどれくらいの力で投げれば届くか?わかりますよね。

それが、ゴルフになると、

パターを両手で構えて、

横を向いて、

傾斜や芝の速さがあって、

だから距離感が難しいです。

人間がもともと持っている距離感を如何にパターで出せるのか?

これが非常に大事なんですが、この

PALMBIRDパームバードグリップパターは、その距離感が掴めるんです。

なぜか?

それは、右手がソフトボールのボールを持つように下手で投げれるような

感じが出せるからなんです。

下手で優しく投げる感じわかりますか?

大事なモノを投げる時に、下から優しく投げますよね?

このPALMBIRDグリップをつけると、その感覚でパターができるんです。

実は、この商品は、ツアープロのコーチをやっている、

内藤雄士さんがお勧めしているんですが、

私が言っていることは一つも言及されてない。。

・自然な仕草や動作から生まれたグリップ

・両手のひらを合わせた時にフィットする

・太さが一定によるグリップ圧力コントロール

・気持ち良いスイングリズム、テンポを生むカウンターバランス仕様

・手に馴染み、フィット感のある素材

・耐久性があり水洗いで綺麗になる素材

とにかく、距離感に悩んでいる方、このパターグリップを使って見て欲しい!

スポンサーリンク エンド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする