ミズノ MP66(ダイナミックゴールドS200)試打評価感想 

自分に合うゴルフクラブを使うのは、ゴルフ上達への第一歩

~良いクラブは、良いスイングに導く~

今回の「打ってみたシリーズ」は、

ミズノ MPー66(ダイナミックゴールドS200)アイアン 2016年9月発売

メーカー小売希望価格:114,000円 

スポンサーリンク

軟鉄鍛造アイアンといえば、ミズノのMP!

その中でも、

ミズノMPー66は、

2012年発売のMP-64

(ルーク・ドナルド監修モデル)

の後継とされているモデル。

ちなみに、私のミズノアイアン使用の歴史は古い。

ミズノ プロ TN-87

(写真は復刻版)からはじまり

tn87

ミズノ プロ TN-91(写真がない)

ミズノ プロ MS-203(写真がない)

そして、

一時期あくのですが2000年代に入ってからは

ミズノMP-33 2001年発売 

*ゴルフパートナー中古相場

:19,000円(6本セット 2016年11月現在)

mp33

ミズノMP-52 2008年11月発売 

*ゴルフパートナー中古相場

:23,000円(6本セット 2016年11月現在)

mp52

ミズノMP-15 2014年10月 

*ゴルフパートナー中古相場

:53,000円(6本セット 2016年11月現在)

mp15

と、長らくミズノのアイアンには

一目を置いており、いや、

惚れてる??

私のスイングは、

ミズノ プロ TN−87でベースが作られた!

これは言い過ぎではなく、

間違いなく、

ミズノ プロ TN−87を使ったあたりから

アイアンの打ち方が分かった!

そんな、

ミズノフリークな私が今回気になっている、

MP-66は前作の

ミズノMP-64 2012年10月 

*ゴルフパートナー中古相場

:34,000円(6本セット 2016年11月現在)

が難しすぎて打てなかったので、

試打をするイメージは無かった。

mp64

ところが、、、

構えた時のイメージがMP-64とは全く違う。

ミズノいわく、

和顔・・

ワガオ?!

初めて聞いた言葉。。

mp66-wagao

どういう事かというと。

ネックのラインが、飛球線をイメージしやすい。

右に逃げているイメージが出ない。

構えた時、

トゥの頂点がヒールに寄っていて、

ヒール部分も若干高い

決して易しいイメージはないが、

捕まる感じと、

真っ直ぐ出ていく感じがする。

ミズノのアイアンは冒頭に書いている、

良いクラブを使うと

良いスイングになる代表的なアイアン。

MP-66アイアンを使っていると

スイングに誤魔化しが効かない、

ちゃんとスイングする必要がある。

しかも、ミズノのアイアンは打感が良い!

打感が良いって・・・歯ごたえ?

芯に当たった時に感じる手ごたえは、

他のどんなアイアンよりも良い。

ここ最近使用したモデルと比較すると、

MP-52、15ほどミスの許容範囲は無いが、

操作性と飛び出しのイメージは出しやすい

ちなみに、MP-52と15を比較した場合は、

52の方がミスの許容範囲は広く易しい

MP-66は、是非とも、使いたいクラブ

スポンサーリンク エンド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする